e con te<エコンテ>という名前に込めたもの

はじめまして、若菜真穂です。
ディレクターとイラストレーター、そして絵や写真などの平面作品および絵本の制作・展示を行う作家として10年ほど活動しています。

ここ e con te<エコンテ>はその活動拠点、いわゆるスタジオやアトリエのようなもの。活動自体はずっと行なっていたのですが、独立のタイミングで新たに自分の場所を作りました。(あくまでWeb上の、ですが)

e con te<エコンテ>という名前には、二つの思いが込められています。
創作やクリエイティブの現場で使われる資料としての「絵コンテ」と、イタリア語で『そして君と』を意味する「e con te」。

目次

「絵コンテ」= アイデアを形にする設計図

子どもの頃から絵本や漫画、小説に映画といったいわゆる文化的な創作物が大好きでした。
自分が成長するにつれてその関心はますます高まり、いつしか完成品だけではなく制作過程の成果物にも惹かれるようになっていました。

「絵コンテ」は、そうした魅力的な成果物の一つ。
関係者にイメージが伝わるよう最低限の情報量で描かれた線と文字は、たいてい粗くも勢いに満ちています。そこには「頭の中のアイデアを早く形にしたい」という思いの質量が痕跡として残っているようで、作品の設定資料集などで絵コンテを見つけるたびに、私はいつも不思議な興奮に包まれます。

頭の中のアイデアを形にしていく作業は、とても楽しい。
それは、「絵を描く」という個のクリエイティブでも「ディレクション」を通じたチームのクリエイティブでも同じだと考えています。

「e con te」= “そして君と”

そうした創作物に夢中な私のそばには、いつもミニチュアダックスフントがいました。

小学校に上がる前からともに暮らし、同じ時間を過ごして、今もずっと彼らの絵を描き続けています。
彼らがいてくれたことで、どれほど豊かな日常を送れたことか。
もし彼らがいなかったら、この歳まで絵を描いていたかどうかもわかりません。

「私の人生に寄り添ってくれてありがとう」

この感謝を、これからの活動と人生を通じて還元したい。
そうした気持ちを「e con te(そして君と)」というイタリア語に込めました。

私のイラストの軸にダックスがいるのは、そういう理由です。

お仕事のこと

「具体的にはどんなことをしているの?」
というお話なのですが、当面は以下の活動を予定しています。

  1. オリジナルイラスト・雑貨販売ショップ「econte」
  2. イラストレーション制作・提供
  3. 事業企画・プロジェクトマネジメント

犬に限らず、ともに暮らす/暮らした動物との日々が人生の糧になっている方はたくさんいらっしゃると思います。
お仕事を通じて「人も動物もすこやかで文化的に・豊かに生きられる社会」をつくることに寄与できたら、これほど嬉しいことはありません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
このブログは今後、そのとき考えていることや制作に関する話などを不定期に書いていくつもりです。
よろしければ、気が向いたときにちらりと覗いてみてください。

クリエイティブディレクター・イラストレーター。studio e con te / スタジオエコンテ主宰。 東京都内およびイタリア・ミラノでの個展開催などを経て2020年に独立。札幌・東京の二拠点で活動中。座右の銘は『思いわずらうことなく愉しく生きよ』。

目次
閉じる